光の教会

新国立美術館で安藤忠雄展を見て見てきました。
けっこうな量だし、模型や映像写真、図面などいろいろあります。
でもなんて言ってもこれ。光の教会をまんま再現です。
IMG_2615.jpg

IMG_2618.jpg

建築ですからやはり空間体験がなにより重要です。
でも、ふつう展覧会でそれは無理な場合多いのであとはそれぞれめぐるなりしてというのが常ですが、今回は7000万かけて造ったそうです。
実物は3000万だったのにけっこうな費用です。
以前、ギャラリー間で住吉の長屋を実寸で造っていておもしろかったけど、はしょったり素材が違うなので残念な所も多かった。

で、コンパクトなその空間はミニマムで抽象的です。
かつてデコレーションを天に伸ばしたゴチックとは大違いで、さすがプロテスタント系で禁欲的。

十字架のところは実物は後から寒いからガラスが入れられたそうですが、これは当初計画通りで抜けていてコンセプチャルです。
あと、黒川記章氏の建築との出会いも興味深い。
最近は大型の施設が目立ちますが、安藤氏はこのサイズがいい。

人類の進化

もう進化するかないでしょう。
sinka111.jpg
よろしくです→KANBA


ai

最近は不安の種ようになっています。
確かにあんなにいたツタヤの従業員はキャッシャーの自動化によって半分以下になっていたり、買い物や読書などもスマホで済ませたりしてます。
さらに人工知能はそれらをブラッシュアップさせるでしょう。
でも、これまでも様々なイノベーションが技術開発によってされてきました。
蒸気機関だって電話だってファックスだってそう。
まぁ、aiを不安がってもしょうがない。
扱うのはあくまで人なんだからって話しです。
warukuai2.jpg
よろしくです→KANBA

腸内フローラ

ロボットの名はビスフェイス。
目が+の鍋ビスです。
塞いでいるのか開いているのか微妙です。

で、かつて人間は脳や免疫系が個人を決めているといわれていました。
でも最近は性格も寿命も腸が決めていると言われいます。
腸は腸内フローラによって機能が設定されいてそれら菌は需要です。
もちろん一人一人腸内菌は違いますし、セレトニンといったホルモンの出方もことなります。

ですから良い菌を集め大事に育てるという気持を持つのがいい。
FLOLA.jpg
よろしくです→KANBA

外装が変った

事務所が入ったビルの外装リニューアル工事がやっとおわった。
わりと有名どころのリノベーションで有名なデザイン会社です。
ベランダには自動給水の植栽まであります。

もともとタイル張りばりだったところにボンタイルを吹いてキレイ?にして、その後さらにその上に塗装してキレイ?にして結局汚くなったところで、オーナーもチェンジ。
周囲もブルーボトルや植栽のある空間やらでキレイ?になったこともあるのでしょう。

で、これ。
基本デザイナーは人のデザインをよくいいませんから私もここでコメントはなしです。IMG_2601.jpg
よろしくです→KANBA


パルコ

渋谷の公園通りだからパルコだったような。
渋谷公会堂やNHKなんかもありましたが、ぱっとしない坂道をぱっとさせようとパルコつくったり、今ならインスタ映えしそうな赤い公衆電話ボックスなんか置かれたました。
そんな若者を牽引していた渋谷パルコパート1もなくなった。
一階にはナイジェルコーツ氏設計の喫茶店もあった。
街はどんどんかわるわけで、壁の絵なんかも有名でよく描いているところを「うまいなー」って見たものです。
IMG_2589.jpg

今は仮囲いん壁はアキラでネオ東京なんかプリントされていました。
よろしくです→KANBA

4日唯一の残念

みなとみらい、野毛、吉田町で飲んでその後、日本シリーズの横浜、ソフトバンク戦のパブリックビューイング行ってみました。
ベイスターズが勢い出てきた最終戦になるかもの試合ですからそりゃ盛り上がるわけです。

途中冷ための雨で熱がさめたわけでではありませんが、途中撤収。
家に戻りさらに続く延長戦を見ましたが残念な結果でおわり、スタジアムで最後まで見なくて悔しいのの反対でした。
IMG_2554.jpg

よろしくです→KANBA


道灌のポスター

IMG_2533.jpg

これは司葉子さんでしょうか、おきれいです。
昨日の三浦布美子さんとは違うスッキリモダンな印象もまたいい。
手前の照明はイサムノグチでしょうか。またこの帯に添えたゆびつきがなんとも言えません。

いいけど、やっぱりどこに掛けるんだ問題はあります。

よろしくです→KANBA


とりあえず連絡コーナー

名前:
メール:
件名:
本文:

今のデザイン・アートランキングの順位がわかります。 RANKIIRO

QRコード

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索