インテリアデザインの明日はどっちだ。

かつては、お店のインテリアデザインが時代の重要な要素でした。
優れたその場に行くことがかっこよく、その人はオピニオンリーダーでした。
しかし、それから時間が流れ、何人かはアトリエ系のデザイン番長のようなスターも登場はしました。

でも、周囲は失われた20 年に生きたせいか、いつしか洗練された最先端デザインより、凪な空間を求める傾向が強まります。

凪な空間とはすごくはないけど、合格点、個性はないけど気軽で安いイメージです。
そんな空間ですから、そこには最先端の時代を先駆けた尖った人はいませんし、それもだから何?という価値感なので問題ありません。

運営もマニュアルの完成度の高さが逆に本質を置き去りにしました、やはり、問題ないけど、つまらないものとして進化?したわけです。

つづく
sekkei3.jpg


ランキングよろしくです→KANBA



コメント

非公開コメント