未来の街

これは汐留。
上がモノレール、その下がベディストリアンデッキで人、その下は車が走っています。
かつて手塚治虫氏などが考えた未来の姿でしょう。
たしかにかっこいい。
でも、どうも好きにはなれません。手塚治虫氏の描く未来が好きだったとしてもです。
このヘンでは新橋の飲み屋街の方がぜんぜんいい。

デザインはカッコイイを目指しがちですが、それが好かれるかは別です。
みんなかっこいいと言ってくれても好かれるわけではないということです。
mirai.jpg

ランキングよろしくです→KANBA


コメント

むかしはは流行ってるものはみんながいいって感じでしたし
奇抜なのもがかっこいい時代もありました。
機能的なモダンがかっこいいときも、ナチュラルさやスロー生活がいいときもありましたし。
いまはみんながかっこいいと感じるものがばらばら。
流行りモノがよくわかんないのです。。。
ふくも何着ていいかわかんないです。。。
へやもどうしていいかわからない。
くわしい市場調査が失敗することもおおいです。
だれにも未来はわからないのでしょうか。
まー好きにすればいいのでしょうが。
とくにちかごろ時代感トレンドがよみにくいなあとおもいますです。

トレンド自体の重要度が低くなってるということでしょう。
誰にとってのトレンドなのかがわからなくなった。要するに魅力につながってない。優れたものだからトレンドになったわけではないし、どーでもいいわけです。単なる空気のようなんだと多く人が認識した。空気を読むのは好きだし大事ではありますが。
非公開コメント

とりあえず連絡コーナー

名前:
メール:
件名:
本文:

今のデザイン・アートランキングの順位がわかります。 RANKIIRO

QRコード

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索