原因はどこ。

先日、新宿の9階にある飲み屋でトイレにあった窓から女性が落ちてなくなりました。
おとといの朝日新聞で詳細は報じられていました。
トイレになってるのはこのフロアだけだし、他の階は窓は塞がれていたそうです。
で、誰がいけないのかという話しになってます。

1、ビルのオーナー(設計)
建物としてこの窓はありえません。
手摺が高さ800というのは手摺としてやくにちませんし、窓の下が350あるようですが、上半身が手摺を越えて前に出れば頭が重いのでそのまま倒れ込で落ちちます。

2、お店のオーナー(設計)
酔っぱらいはトイレにドアがあったら開けるに決まってます。それなのにこの窓を塞がなというのはありえません。
ダメな窓を放置し、客にトイレとして使用させた責任は重大です。

換気とか、ビルはトイレとは知らなかったとか言ってるようですが、配分の差こそあれ両者に落ち度はあります。
店に設計屋が入っていたとも思えませんが、ふつうはここで防げたように思います。
でも、最初からこの窓自体あり得ないというのも排除しませんが。

お店の設計としても許せませんし、酔っぱらいの立場からも許せません。
999う

ランキングよろしくです→KANBA



コメント

立って、メジャーで800を測ってみました
おもった以上に低いかったです、イメージとしては腰下で、そうぞうしただけでけでこわくなりました、30メートル。。。。
あと手すり下の450のあきも、しゃがんで風に当たるだけでもおそろしいかんじです。
こういう雑居ビル新宿にはまだまだありそうすね
いまでもぼったくりもあるし

Re: タイトルなし

> 危機意識がなさすぎ、というのはヤンキーの特徴の一つです。ここのビル側、運営側はどうだったかはわかりませんが。
非公開コメント

とりあえず連絡コーナー

名前:
メール:
件名:
本文:

今のデザイン・アートランキングの順位がわかります。 RANKIIRO

QRコード

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索