インフォメーションとデザイン

このショッキングな写真、2ちゃんで拾いました。
そこではデザイナーが悪者とされていました。

最近はSNSのせいか、クレームに対し、運営サイドは弱気だし、利用者ははばかりません。
IMG_0239.jpg

たぶんこれ、わからないとか、操作を間違える人が続出してその都度対応していたらこんななっちゃったのでしょう。
レジを打ちながらいろいろ言われるのはもう嫌ってかんじで、別の店舗ではセルフではなくて店員がやってくれるところもあるようです。

もともと、かっこよかったり、ハイデザインなきれいさはクレームに弱く、ここまでではなくても空間を張り紙だらけにしたりします。

確かに整然とうまいこと良い色で配置された文字より取って付けたように浮いたグラフィックの方が目につくし、注意を喚起します。

でも、異物混入もそうですが、消費者とお店、機械と人、セルフとサービスの関係を考えないとデザインもへったくれもないものばかりになり、見苦しい環境になるのは間違いない。
同時にデザイナーは機械開発社者と共にどこまでの範囲の人が利用するかを過小評価せず観念的に操作できるものとすべきでしょう。

ランキングよろしくです→KANBA

コメント

ロゴマークにも説明が、、、笑
英文には、なにが書いてあるのでしょう⁇RとLは右と左と思うかも、、、
「感覚的にわかるでしょ」っていう、うえから目線なかんじもしますですね〜〜。いろんな年代でテストしなかったのかしら?

たいして売れないと思ったのかもしれません。
ましてここまで言わないとわからないそうにまで。
非公開コメント

とりあえず連絡コーナー

名前:
メール:
件名:
本文:

今のデザイン・アートランキングの順位がわかります。 RANKIIRO

QRコード

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索