18回文化庁メディア芸術祭

今年もそんな季節です
メディアアートからマンガやアニメまであつかうクールジャパンな展覧会です。

でも、マンガはともかく、メディアアートは年々ピンとこなくなってるようにおもいます。
バーチャル空間などのセンサーと映像の組み合わせ自体がもう当たり前になってきてるし、それ以降の新しい展開がないのも要因でしょう。
IMG_0243.jpg
そんな中これ。
「のらもじ発見プロジェクト」が楽しい。
地方のダサイ(いい意味で)お店の看板に使われる、誰が考えたのか謎の店名のオリジナルフォント。
それを自分で任意の文字を打ち込むとそのフォントによる看板ができあがります。
映像にでるファサードのテントの汚さまで再現された味わいある文字は楽しい。

作者のそんな文字にたいする暖かさが伝わってきます。
名もないプロの仕事っていいわ。

ランキングよろしくです→KANBA

コメント

非公開コメント

とりあえず連絡コーナー

名前:
メール:
件名:
本文:

今のデザイン・アートランキングの順位がわかります。 RANKIIRO

QRコード

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索