少年法の恐怖

犯人の実名や写真において更正の意味を込め、出版物に掲載を禁止している少年法。
でも、だったらとネットにそれらを流し、また拡散させるプチ世直し気分の人達がいます。
この「守れば守られない」という自体はむしろ過剰にはたらき住所やその家族、中には関係のない誤報までふくめ広がっています。

これって、均せば、より厳しい制裁となってるといえます(関係ない人はとんだ災難)。
少年法自体は間違っていないという前のこの現実に対する工夫が必要でしょう。

ランキングよろしくです→KANBA

コメント

非公開コメント

とりあえず連絡コーナー

名前:
メール:
件名:
本文:

今のデザイン・アートランキングの順位がわかります。 RANKIIRO

QRコード

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索