マンション開発

近所の53階建てのマンションの購入説明会がありました。
まずこんなところで待たされます。大きな近隣含めたモデルです。
木で出来てて温かいイメージです。
備えられたiPadを持ち歩きカメラで見るとバーチャルな情報と合成されます。
高層の建物も二本の木で表現され、人工芝できたシアターや絵本のようなコンセプト映像など環境を意識したものとなってます。
IMG_0482.jpg

なーんてな。
広範囲の一種住居地域をに影を落し、ビル風や公共インフラのキャパをオーバーさせるマイナス面をカバーできてない問題は木でモデル作って許されることではありません。
でも、1200戸に及ぶ住民にはこれにほだされるのでしょうか。
そうこのモデルは木というより欺瞞とマヤカシできているわけです。で、どうしたらそれに対抗できるか?
いっそそこに住んじゃえばいいでないの?

高くて替えません。あたりまえか。

ランキングよろしくです→KANBA


コメント

非公開コメント

とりあえず連絡コーナー

名前:
メール:
件名:
本文:

今のデザイン・アートランキングの順位がわかります。 RANKIIRO

QRコード

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索