インテリア素材としてのグリーン

インテリアを施す上でこれからは室内に置く植物の知識も必要です。
環境的には空調もあるし、水も日光もとぼしいわけで植物には過酷です。
それでも中には丈夫で世話の負担がすくない種類もあります。
陽があたる、カーテン越し、明るい、暗いなど室内環境に適した種類をチョイスしましょう。

室内用の植物育成LEDライトなどこれからは塗装の知識などと同様に必要でしょう。

15.jpg
手間がかからないからってこんなエアプランツ貞子っぽくてコワイ。

ランキングよろしくです→KANBA



コメント

非公開コメント

とりあえず連絡コーナー

名前:
メール:
件名:
本文:

今のデザイン・アートランキングの順位がわかります。 RANKIIRO

QRコード

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索