誰が笑ってるのか

安藤氏は選んだ経緯をと言われてるようです。
でも、当時から色々発言しています。テレビでもけっこう言ってるし。

いわゆる現行の構造によるスタジアムである他の案はデザインからするとザハ案に劣るわです。
やっぱり、圧倒的にいい。いいに決まってるわけです。予算無視のキールアーチなんだから。

安藤氏の予算の読みは甘いけど(槙氏らは早い段階から指摘していました)、あんなのわからない。
普通先の見えなさからビビってここでザハ案はやめるのだけど、そこで出たのが新幹線や代々木競技場のような新技術が日本の醍醐味と言わんばりに勇ましさです。

で、お金の話しはあさってに。

問題はこのコンペが1300億の建物にするのが条件だということ。
その後その見積もりが右往左往をするわけですが、ここえきて後出しで2800億になった。
はなしにならないわけですが、もう間に合わないといってる(これも怪しいといゆうかザハ案ならという括弧付き)


じゃあ、誰がここまで引き延ばしたのか、そいつをさがして責任を取らせるべきです(JSCの能力不足と国の監理ミス)。
ちゃんと予算と納期ににあう案をつくれと。

ふつうこうゆーながれになるはずなんだけどなぁ、今回はなぜか「困ったぁ、あと1500億だすか、ないけど。」ってなった、どこの誰がどんな経緯でそれを言ったんだと。
o0600033812806113307.jpg


私が請け負うゼネコンなら金がないなら止めればっていうわ。

ランキングよろしくです→KANBA





コメント

非公開コメント

とりあえず連絡コーナー

名前:
メール:
件名:
本文:

今のデザイン・アートランキングの順位がわかります。 RANKIIRO

QRコード

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索