新国立競技場オレ案

今からあれこれやるのも大変だし、あのダイナミックなデザインにかなうものを考えるのもかなりハードルが高いというか、もう棒なしの棒高跳びのレベルです。

そこで。
パッと見、今と同じふうにする(建築エコノミストの森山氏も言っていたし、磯崎氏や安藤氏がいうザハ下ろさないことになる)。

もちろんキールアーチはないし、開閉もない。
テントによる屋根が最低限ある程度(どうせ飛行機からじゃないと見えない)。
あのプロポーションは既製品のスペースフレームとテントの立体裁断でやる。
床面積は二割りくらい減らしてサブトラックもつくれるようにする。
さぶとら
森山氏資料より

8万の席は後に5万くらいに縮小できるように3万人分は仮設。

なんでも、ザハ事務所にはすでに監修代として13億払っているらしいらそのぶんは働いてもらないと。
だいたい恥かかないで済んだうちも1人だろうし、そのくらいのスペック変えても能力あるんだからできるでしょう。
それにしてもずいぶん払う方は気前良い、それにたけーわ。

これで国は消費税分はおまけしてあげる。国家事業なんでしょ。

ランキングよろしくです→KANBA

コメント

たいよーテントさん出番ですよ!80年代のロスオリンピックは単管足場で仮設とかやってましたよね、たしか。

今日森元が牡蠣が溶けているみたいという発言をしたそうで、それをわざわざザハ事務所にどうか?聞きに行ってました。失礼だとおもわないのか?日本のマスコミ。森元のデザインセンスに何の価値がるの?意味不明だわ。牡蠣にも悪い。

牡蠣きあやまれってかんじですね。美味しいんだから。

自分を棚に上げすぎ
非公開コメント

とりあえず連絡コーナー

名前:
メール:
件名:
本文:

今のデザイン・アートランキングの順位がわかります。 RANKIIRO

QRコード

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索