消防博物館

四谷三丁目の交差点にあります。
中でも好きなのがこれ。
もう、家が燃えるという大惨事に屋根の乗って、踊るように重たいこれを回したりします。
もちろん屋根が燃え落ちれば命はない。江戸ではこれをやる人が役者のようにモテるわけです。
もう、遊んでるというか、火事が人々の最大のエンターテイメントだったわけです。

江戸が丸焼けになるのもわからないでもない。
で、そんな町火消しのサインとなるのが纒なのですが、デザイナーがいたとしか思えないほど型もいろいろでグラフィカルで楽しい。大惨事なんだけど。IMG_0893.jpg

ランキングよろしくです→KANBA







コメント

纒→まとい、と読むのですね。ひとつ20㎏くらいあったらしいです。江戸の人たちは災害さえも楽しんでいた? のね、あと江戸文様、幾何学的デザインのもすごいです。

当時はエンブレム問題のなかったでしょうし。
非公開コメント

とりあえず連絡コーナー

名前:
メール:
件名:
本文:

今のデザイン・アートランキングの順位がわかります。 RANKIIRO

QRコード

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索