多摩川のどんど焼

竹の棒に針金つけて餅をこの火でもやくわけです。
でも、輻射熱とはすごいもので焼いてると顔がパンパンに熱い。
以前は焚き火なんかで経験したものですが、最近わすれていました。

ヨーロッパなんかで背が高い椅子の両サイドが耳のように張り出してるのがあります、あれは暖炉の輻射熱を遮るためのものですが、よくわかります。

ちなみに餅は熱いのと、混んでいるのとで半焼けでした。
IMG_1069.jpg

焚き火の炎は原始人だったころを想い出すのか、なんか懐かしい。

ランキングよろしくです→KANBA






コメント

非公開コメント

とりあえず連絡コーナー

名前:
メール:
件名:
本文:

今のデザイン・アートランキングの順位がわかります。 RANKIIRO

QRコード

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索