もてなし研究2/桂離宮

ブルーノタウトがその美しさに涙を流して、日本人が再評価したととも言われます。
グロピウスも絶賛したと言われますが、コルビュジェは「線が多い」といい、全然ささらなかったそうです。

IMG_1434.jpg

桂離宮は皇族達のもてなしとしての遊び場です。
いわば昔のディズニーランドみたいなものです。
待庵は万人ウケしない緊張のインスタレーションでしたが、こちらは娯楽感豊です。

そこでは桂川を引いた池に月を映して眺める池ビジョン。
その池に舟を浮かべた庭園ウォーターライド、田舎趣味のカントリーハウス、その他にも様々な仕掛けや趣向がこらされています。

庭園の飛び石をうまいことバランスとって歩く建物や庭は適度な緊張で身体的にもさまざまな発見があります。
普段の感性のままではなかなか気づけないほどさ細な趣向も多いので、そこを増幅させて楽しむが重要です。

もっとも私なんかは昔から知ってるけど、会ったことない芸能人のようなもので、「キャー」とかいって喜んでいるわけですが。
IMG_1427.jpg
ディズニーランドはいつでもお金を出せばはいれますが、ここはあらかじめ往復はがきによる予約が必要です。
ランキングよろしくです→KANBA




コメント

非公開コメント

とりあえず連絡コーナー

名前:
メール:
件名:
本文:

今のデザイン・アートランキングの順位がわかります。 RANKIIRO

QRコード

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索