シンギラリティ

特異点という意味です。
数学的な特異点は、分数の分母がゼロに近づくにつれて無限大に発散するような点のことで物理的特異点は、光 速度で移動する光でさえも脱出できないブラックホールのようなもののことをいいうらしい。
ここで言うシンギュラリティは、三回目の革命にあたる技術的特異点で、人類を変えてしまうほどのものらしい。
それがが2045年だそう。

私が思うにここでAIやベーシックインカムも整い、人々があらゆることから開放されるのだろうということ。

このシンギラリティについては20年ほど前に読んだ「ホワイトホールインタイム」という本をおもいだしました。
この本は若干スピリチャルっぽくて人によっては怪しいと思うタイプの内容ですが、ここである到達点が言われていてそれがどうやらシンギラリティではないかと結びついたわけです。
hura2.jpg


あー生まれるの早かった。
もっとわかりたい人はググってください。
ランキングよろしくです→KANBA


コメント

非公開コメント

とりあえず連絡コーナー

名前:
メール:
件名:
本文:

今のデザイン・アートランキングの順位がわかります。 RANKIIRO

QRコード

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索