住民投票

イギリスがEUから離脱するようです。
でも、離脱に賛成したの人の方が失業の危機にさらされることは確かなのに。

実際その投票がどのような情報によって判断され、国の人口比や、世界の金融センターでのバランスなど含め将来への展望をどう捉え、どれだけ考慮した結果なのかが問題です。

住民投票はここら辺を冷静の捉えた票と、目先の感情(現状より新しいことの方がドーパミンでるし)に走ったり好き嫌いやノリで決めちゃう票が同等に扱われるわけです。
ですから必ずしも公平でもないし、いい選択になるかは別なわけです。
illa2Q.jpg

でも、今の所民主主義による投票こそが最大人数(過半数)納得がいくマシな決め方ですが、おとといの記事同様クォリティの目減りはいなめません。

日本も国民投票の話しが出てますが、そうならないように、地域でワークショップを開くなどのをするか、アメリカの大統領選挙のように1年くらいやってれば様々な情報に触れるし、ノリは飽きるからいい(でもトランプ氏を見るとまだわかりませんが)などの工夫がいるでしょう。

ランキングよろしくです→KANBA

コメント

非公開コメント

トラックバック

とりあえず連絡コーナー

名前:
メール:
件名:
本文:

今のデザイン・アートランキングの順位がわかります。 RANKIIRO

QRコード

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索