世界遺産

首都圏の人なら知床と違いいつでも見られるし、並ぶのものどうかと思いましたが、けっこう並んでいるようです。
コルビュジェは現場には一回も来なかったそうですが、その弟子である前川國男氏、坂倉準三氏、吉阪隆正氏の有能さが尋常でなかった。
なんといってもそのコンクリートや石の質感が日本的で繊細。ここらは弟子の現場での采配が大きいはずです。
seiyou.jpg

喜ばしいが、なんか手放しでそうはいかない感じはなんででしょう。
もっと世界的に通用するものが日本にあるのになぁとは思ったが、今回はコルビュジェ各国にある一連の建築群に対してモダニズムへの貢献ということ。

その後の弟子達の日本での活躍を見るとごもっとも。
ランキングよろしくです→KANBA

コメント

非公開コメント

とりあえず連絡コーナー

名前:
メール:
件名:
本文:

今のデザイン・アートランキングの順位がわかります。 RANKIIRO

QRコード

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索