今月のへんなもの

杉浦茂氏のキャラクターのソフビです。
まんだらけオリジナルのようで、他にも何点かあります。
中でも、これは人気がないようで安かった。
杉浦茂のキャラクターはみんなほしいけどとりあえずこれでガマンです。
この顔が全部鼻の坊さんというシュールなデザインはさすがで、目がアザみたいな表現というもの出色です。
ここにはヘドラや土佐犬、ブースカなどいろんな人形がありますが、わけわからなさは優勝です。
IMG_2233.jpg
よろしくです→KANBA


二足歩行ロボットの今後

確かに二足で歩いています。
でも、人がするそのバリエーションは限りない。
まだまだだから楽しみです。
172足歩行22
よろしくです→KANBA



神長官守矢史料館

茅野市にありますが、かつては諏訪郡という場所です。
建物に入るとうさぎの串刺しが出迎えてくれます。
IMG_2207.jpg

ほかにもイノシシや鹿の頭などの祭時の展示は現代人にはパンチがあります。
でも、ここは海もなく重要なタンパク源だったというのは考えなくてもわかります。

守矢さんちの敷地にあるこの建物。
IMG_2211.jpg
小さいわりにその素材やディーテールなど見るところは満載です。

単に環境に合ったなんて話しではなく、山、畑みたいに建物がここにある必然性が感じられます。
よろしくです→KANBA

縄文のビーナス

わりと最近、諏訪の山合いで見つかった土偶で「縄文のビーナス」と呼ばれています。
土偶は祭司などの際使用され、済むと壊されるというのが定説でこのように残っているのは珍しいそうです。
女性であり、妊婦だといわれています。
土器もそうですが、造った人のうまいヘタがけっこう見てわかります。
これはかなり達人だとおもいます。
IMG_2230.jpg
よろしくです→KANBA


宇宙はロボットにまかせろ!

よく宇宙に行きたいなんていう人がいます。
私はそうは思いません。
人間自体宇宙に対応した作りになってない。
そりゃ、飛行機や高速の電車など想定外の肉体対応を余儀なくされてはいるが、それはあくまで地球上の話しです。
大量の宇宙線やフィルターがない太陽光線、空気も重力もないなんて柔らかで水っぽい脆弱ま人間にとって尋常な状況ではありません。犬や人間には無理ある。

そこでロボットです。
前もってそれなりの対処が可能だし、知りたいことがあればは調べてもらって送ってくれればいい。

それでも行きたい自らブラックな人はどうぞ。
37何するの3

よろしくです→KANBA






だからロボット

どうしてみんなロボットが好きなのか。
なんかどうにかしてくれそうだからではないでしょうか。
わくわく2
よろしくです→KANBA

空飛ぶ泥舟

高過庵の隣に吊られています。
これなんかはすでに建物と呼べないレベルで、ハシゴをかけないと部屋に入れません。

IMG_2224.jpg
IMG_2215.jpg
IMG_2217.jpg
どこにも根付かない姿はかなり自由です。
梅干しの種のような造形も楽しい。

でも、見てると風にユラユラしててお茶でも酔っぱらいそう。
よろしくです→KANBA




高過庵

茅野市の藤森氏の畑の中にあります。
なんとものどかなところで茶室が高いところにあっても不思議じゃない環境です。
IMG_2218.jpg
あったというより「いた」ってかんじ。
IMG_2223.jpg
IMG_2221.jpg
IMG_2219.jpg
IMG_2222.jpg

GWだからといって人が多いわけではなく、ここは終始私たちだけでした。
あれだけ取り上げられることの多い建物でもそんなもんで想像以上に建築ファンは層が薄いものです。

そりゃ、大勢が押し寄せるようでは人の畑に勝手に入れるなんてことはありえないから助かりましたが。
で、高過庵は自らの敷地に作った小さい建築ですから確認申請や消防からも開放された自由さはかわいく笑えて楽しいものでした

よろしくです→KANBA


とりあえず連絡コーナー

名前:
メール:
件名:
本文:

今のデザイン・アートランキングの順位がわかります。 RANKIIRO

QRコード

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索